テーブル検索を高速化する(インデックス設定)

インデックス(索引)とは、データベースのデータを高速に取得することができる仕組みのことです。
テーブルのカラムに対し、インデックスを適切に設定しておくことで、アクションの処理時間が改善される場合があります。
インデックスは、次のような状況下にあるカラムにおいて、より効果を発揮します。
  • データ量が多いテーブルから、少量のデータを取得する処理の検索条件として使用されている
  • 検索条件、結合条件、または、ソート条件として頻繁に使用されている
  • カラムに保持している値の種類が多い(区分やフラグとして利用していない)
ここでは、CELF においてインデックスを設定する方法を説明します。

インデックスを設定する

  1. 管理画面の「テーブル管理」ボタンをクリックし、「テーブル管理」ビューを開きます。
../../../_images/img_01104.png
  1. テーブル検索を高速化するテーブルを選択し、ダブルクリックします。
../../../_images/img_02101.png

ちなみに

インデックス設定ができるのは接続先データベースが「CELF データベース(デフォルト)」のテーブルのみです。

  1. 「インデックス」タブを開きます。
../../../_images/img_0377.png
  1. 「新規インデックス作成」ボタンをクリックして、 「インデックス作成」ダイアログを開きます。
../../../_images/img_0465.png
  1. 検索条件に使用しているカラムに1から始まる順番を指定します。
../../../_images/img_0559.png
  1. 「インデックスを作成」ボタンをクリックします。

注意

  • テーブル内のデータを変更する際に登録されている全てのインデックスが調整されます。そのため、頻繁にデータの登録、更新、および、削除が実行されるテーブルに多数のインデックスを登録すると逆効果となる場合があります。
  • データ登録件数が1万件以下のテーブルでは、インデックスを調整する時間の方が多くなるため、使用しないほうがよい場合があります。

動画でみる

※動画内の画面は最新バージョンの CELF とは異なる場合があります。
※動画に音声はついていません。


重要

インデックス設定については、以下の権限が必要です。

  • アプリ作成者
  • データベース管理者

また、アプリ作成者についてはテーブルに対する以下の権限が必要です。

  • 管理
../../../_images/celf_help_mascot46.png

関連キーワード

index