テーブルデータ(CSV)をインポートする

データ(CSV)をインポートする

  1. 管理画面の「テーブル管理」ボタンをクリックし、「テーブル管理」ビューを開きます。
../../../_images/img_01281.png
  1. データをインポートするテーブルを選択し、右クリックで「テーブルデータのインポート」メニューを選択します。
../../../_images/img_02236.png

ちなみに

テーブルデータをインポートできるのは接続先データベースが「CELF データベース(デフォルト)」のテーブルのみです。

  1. 「テーブルデータのインポート」ダイアログにて、インポートの設定をします。
../../../_images/img_03171.png

[1] ファイル名

インポートするテーブルデータファイル(.csv)を指定します。

[2] ファイルの文字コード(初期設定:Shift-JIS)

インポートするファイルの文字コードを指定します。

[3] 指定したIDで登録する(初期設定:チェックあり)

「ID」カラムに指定した値で登録します。チェックがない場合、自動的に値を設定して登録します。

[4] 指定したLAST_UPDATER、LAST_MODIFIEDで登録する(初期設定:チェックあり)

「LAST_UPDATER」、「LAST_MODIFIED」カラムに指定した値で登録します。チェックがない場合、自動的に値を設定して登録します。

[5] テーブルを空にしてから登録する(初期設定:チェックなし)

テーブルに登録されているデータをすべて削除してから登録します。

注意

  • 「指定したIDで登録する」にチェックがある場合、既存のデータ、および、インポートするテーブルデータファイル内でIDが重複していると、エラーとなり登録できません。
  • 削除したデータは復元できません。「テーブルを空にしてから登録する」をチェックする場合、本当にデータを削除してよいか確認してください。
  • 指定した文字コードとインポートするファイルの文字コードが異なっている場合はエラーとなり登録できません。ファイルと同じ文字コードを選択するか、もしくはファイルの文字コードを変更して再実行してください。

ちなみに

  • 「指定したIDで登録する」にチェックがない場合、テーブルカラムの「ID」はファイルから省略することができ、インポート時に自動的に値を設定して登録します。
    (「ID」の値が設定されていても、その値は登録されません。)
  • 「指定したLAST_UPDATER、LAST_MODIFIED」にチェックがない場合、テーブルカラムの「LAST_UPDATER」「LAST_MODIFIED」はファイルから省略することができます。
    インポート時には「LAST_UPDATER」にはログインしているユーザーID、「LAST_MODIFIED」には登録日時が自動的に登録されます。
    (ファイルに「LAST_UPDATER」「LAST_MODIFIED」の値が設定されていても、その値は登録されません。)
  • 「テーブルを空にしてから登録する」にチェックを入れた場合、IDはリセットされます。(「指定したIDで登録する」にチェックがない場合、1からの連番になります。)

ヒント

インポートするテーブルデータファイルは、あらかじめ作成しておく必要があります。 テーブルデータのエクスポートについては、 テーブルデータ(CSV)をエクスポートする を参照してください。

  1. 「登録」ボタンをクリックします。

参考


※動画内の画面は最新バージョンの CELF とは異なる場合があります。
※動画に音声はついていません。

重要

テーブルデータのインポートについては、ユーザーに以下の権限が必要です。

  • アプリ作成者
  • データベース管理者
../../../_images/celf_help_mascot46.png

関連キーワード

読込、形式、カンマ、区切り