マスタ管理用シートを自動生成する

CELF では作成したテーブルからそのテーブルデータ管理(取得、登録、、更新および、削除)をするシートを自動生成することができます。
これにより、テーブルデータの管理アプリをわざわざ作成することなく簡単にテーブルデータの管理を行うことができます。

マスタ管理用シートを自動生成する

  1. 管理画面の「テーブル管理」ボタンをクリックし、「テーブル管理」ビューを開きます。
../../../_images/img_01280.png
  1. 「テーブル一覧」からマスタ管理用シートを作成するテーブルを右クリックし、「テーブルからシートを作成」メニューを選択します。
../../../_images/img_02235.png

ちなみに

マスタ管理用シートを生成できるのは接続先データベースが「CELF データベース(デフォルト)」のテーブルのみです。

  1. 自動生成されたマスタ管理用シートを保存します。
../../../_images/img_03170.png

ちなみに

  • シートを保存するには、シート保存先となるアプリを前もって準備する必要があります。
  • 生成されたマスタ管理用シートは アプリを公開する か、または、 テスト実行する ことで利用できます。

マスタにデータを登録する

  1. マスタ管理用シートを開きます。
  2. 「新規行追加」を入力し、「追加」ボタンをクリックします。
../../../_images/img_04140.png
  1. 追加された行に対し、値を入力します。
../../../_images/img_05125.png
  1. 「更新」ボタンをクリックし、マスタにデータを登録します。
../../../_images/img_0699.png

ちなみに

登録したデータは、「テーブル管理」ビューにてテーブルを選択し、Enterキーを押す、または、ダブルクリックすることでデータタブにて確認できます。

../../../_images/img_0792.png

マスタのデータを更新する

  1. マスタ管理用シートにて「取得」ボタンをクリックします。
../../../_images/img_0888.png
  1. 表示された登録済データを変更します。
../../../_images/img_0975.png
  1. 「更新」ボタンをクリックし、変更した情報をマスタに反映します。

マスタのデータを削除する

  1. マスタ管理用シートにて「取得」ボタンをクリックします。
../../../_images/img_0888.png
  1. 表示された登録済データのうち、削除するデータの「削除」列を選択します。
../../../_images/img_1066.png
  1. 「更新」ボタンをクリックし、選択したデータをマスタから削除します。

マスタ管理用シートの行数を増やす

自動生成したシートはシート行数が100となっており、表示できるデータは91件までです。
それ以上のデータが登録されている場合、シートを修正することで表示することができます。
  1. 「シート設定」ダイアログにて、「シート行数」を変更します。
../../../_images/img_1161.png

参考

シート行数の変更については、シートの表示する列数と行数を変更する を参照してください。

  1. 変更したシート行数と同じ値を、シートのA8セルに入力し、保存します。
../../../_images/img_1256.png

重要

シートの行数と、A8セルに入力する値は同じ数値にしてください。違う場合、アクションが正しく動作しなくなる可能性があります。

参考


※動画内の画面は最新バージョンの CELF とは異なる場合があります。
※動画に音声はついていません。

重要

テーブルからマスタ管理用シートを自動生成するには、ユーザーに以下の権限が必要です。

  • アプリ作成者
  • データベース管理者

また、アプリ作成者についてはテーブルに対する以下の権限が必要です。

  • 管理
../../../_images/celf_help_mascot45.png