利用状況のレポートを出力する

CELF ではユーザーの利用状況を確認することができます。 どのユーザーが、何時に、何をしたかが自動的に記録されています。

利用状況を参照する

  1. 管理画面の「テーブル管理」ボタンをクリックし、「テーブル管理」ビューを開きます。
../../../_images/img_01126.png
  1. テーブル一覧から、「sys_operation_log」テーブルを選択し、ダブルクリックします。
../../../_images/img_02119.png

注釈

「sys_operation_log」テーブルはユーザーの操作ログが記録された特殊なテーブルです。

  • 権限を持つユーザはアクションから参照することができます。
  • バージョン1.4.0以降の操作がログ出力されます。
  • 現在サポートしているログはログイン、ログアウト、および、アプリの起動状況の3種類です。
  • 1年以上経過したログは削除される場合があります。

「sys_operation_log」テーブルの仕様については、 CELF管理テーブルの説明 を参照してください。

「sys_operation_log」テーブルを利用する

「sys_operation_log」テーブルを使用した利用例を紹介します。

利用したユーザーの一覧を表示する

利用日を指定して、ユーザーの利用状況一覧を取得するアプリを作成してみます。

  1. 「テーブルから複数件取得する」アクションを使用して、「sys_operation_log」テーブルのデータを取得します。
../../../_images/img_0393.png
  1. 指定された利用日を検索条件として設定します。
../../../_images/img_0478.png
  1. シートを保存します。

ちなみに

実行結果は以下のようになります。指定日にどののユーザーが何時に何をしたかが、一覧で表示されます。

../../../_images/img_0573.png

注釈

「sys_operation_log」テーブルをシステム管理者以外が使用するためには、使用するユーザーのグループに 参照 権限が必要です。

../../../_images/img_0650.png

CELF 利用状況確認アプリを利用する

CELF 利用状況確認アプリを CELF ホームページ からダウンロードしてご利用いただけます。

CELF 利用状況確認アプリに関する詳細は、上記ダウンロードページを参照してください。

動画で見る

※動画内の画面は最新バージョンの CELF とは異なる場合があります。
※動画に音声はついていません。