処理中に現在行または列を取得する

以下のように行ごとにボタンを配置して、その行に作用するようなアクションセットを作成してみます。
../../../_images/img_01327.png
この例では、「赤字に変更」ボタンに赤字に変更するアクションセットを作成して割り当てます。
この場合、作用させる行が違うだけなので、アクションセットの中で押されたボタンの行を取得することでアクションセットを共通化することができます。
ここでは、このようなボタンに割り当てたアクションにおいて、現在の行、または、列を取得して処理を行う方法について説明します。

現在の行を取得する

クリックされたボタンの行を取得するには、ROW 関数を使用します。

../../../_images/img_02261.png
  1. ボタンに対するアクションセットを作成します。
../../../_images/img_03184.png
  1. 「アクションセット設定」ダイアログにて、ボタンが押された行の文字を赤色に変更するアクションを作成します。ここでは書式を変更するアクションを使用します。
../../../_images/img_04155.png
  1. 書式を変更するアクションの対象セルに、ROW 関数を使います。
../../../_images/img_05139.png

列番号 ”B” と ROW 関数が返す値を結合して、”B3” のようなセルアドレスの文字列を取得する式です。

ヒント

  • 上記式と INDIRECT 関数を組み合わせることで、セルの値を取得することができます。
../../../_images/img_06108.png
  • CELF には、行番号と列番号(番号または列名)を指定しセルの値を取得するユーティリティ関数(UTIL.CELLV 関数)が用意されています。
    UTIL.CELLV 関数を使って、以下のようにセルの値を取得することもできます。
../../../_images/img_0969.png
  • 現在の列を取得する場合は、COLUMN 関数を使用します。
  1. 他の行の「赤字に変更」ボタンにも、同じアクションセット「赤字に変更」を割り当てます。
../../../_images/img_0793.png
  1. アクションセットを保存して実行します。共通化された「赤字に変更」アクションセットが実行され、ボタンを押した行の B列の文字列が赤色に変更されます。
../../../_images/img_0883.png

動画で見る

※動画内の画面は最新バージョンの CELF とは異なる場合があります。
※動画に音声はついていません。