アクションでボタンを動的に追加する

データ数やログインユーザーのグループなどに応じて動的にボタンを配置したい場合、アクションを使ってボタンを配置することができます。
例として、データ数に応じた「詳細」ボタンを自動的に配置するアクションについて説明します。
../../../_images/img_01122.png

データを取得する

  1. 以下のようなデータを取得するアクションセットを作成します。ここでは、シート表示時に実行されるように設定しておきます。
../../../_images/img_02115.png

データ件数に応じて「詳細」ボタンを設定する

データを取得する にて作成したアクションにて取得されるデータの件数分「詳細」ボタンを配置します。

  1. 「詳細」ボタンを1つ作成しておきます。
../../../_images/img_0389.png
  1. 作成した「詳細」ボタンの式をコピーします。
../../../_images/img_0474.png
  1. データを取得する にて作成したアクションに、以下のアクションを加えます。
  • 「ボタンを配置する行」をセルにセットするアクション
  • 「データ数分のボタンをセルに配置する」繰り返しアクション
../../../_images/img_0569.png

繰り返しアクションの条件には、セルにセットしたボタンを配置する行が設定されたセルを参照し、INDIRECT 関数を用いて「データ取得によって設定されたセルの値がなくなるまで」という条件を設定します。

  1. 3 で作成した繰り返しアクション中にボタンを配置するためのアクションを加えます。
  • 「ボタンの式」をセルにセットするアクション(2 でコピーしておいた「詳細」ボタンの式)
  • 「ボタンを配置する行」を設定しているセルに +1 カウントをアップするアクション
../../../_images/img_0646.png

ヒント

アクションで式(関数)をセットする場合は、全体を =”式(関数)” で囲みます。式中の文字列はさらに ” ” で囲います。

../../../_images/img_0744.png
  1. テスト実行 して、ボタンがデータ分配置されることを確認します。
../../../_images/img_0838.png

「詳細」ボタンのアクションを設定する

データ件数に応じて「詳細」ボタンを設定する にて作成した「詳細」ボタンのアクションを作成します。
ここでは、データのIDを検索条件としてデータを1件取得して、その内容をポップアップで表示させます。
../../../_images/img_0928.png
  1. ボタンがクリックされた行の B列(ID) の値を検索条件として1件データを取得し、データをセルにセットします。
../../../_images/img_1025.png

参考

ボタンがクリックされた行の取得方法については 処理中に現在行または列を取得する を参照してください。

  1. 取得した値を参照して、ポップアップで表示するアクションを作成します。
../../../_images/img_1120.png

作業用のセルを非表示にする

最後に作業用のセルの列を非表示にしておきます。

../../../_images/img_1217.png

ちなみに

実行するとシートを開いたタイミングでデータとボタンが配置され、「詳細」ボタンをクリックすると詳細情報がポップアップされるようになります。

../../../_images/img_1312.png

動画で見る

※動画内の画面は最新バージョンの CELF とは異なる場合があります。
※動画に音声はついていません。