シートに印刷範囲と改ページを指定する

印刷範囲の設定をする

  1. リボンメニューから「改ページプレビュー」ボタンをクリックし、改ページプレビュー表示に切り替えます。
../../../_images/img_0186.png
  1. シート上で印刷する範囲のセルを選択し、右クリックで「印刷範囲の設定」メニューを選択します。
../../../_images/img_0283.png

ちなみに

印刷範囲を設定すると、選択した範囲が青色の枠で表示されます。

../../../_images/img_0359.png
  1. シートを保存します。

改ページの設定をする

  1. 改ページプレビュー表示にて、改ページする位置の下のセルを選択し、右クリックで「改ページの挿入」メニューを選択します。
../../../_images/img_0452.png

ちなみに

改ページを挿入すると、新たに設定された改ページ位置が青色の実線で表示されます。

../../../_images/img_0546.png
  1. シートを保存します。

参考

印刷の各種設定については シートに印刷用紙の向きとサイズを指定する を参照してください。

ちなみに

シートを Excel にエクスポート すると、設定した印刷範囲、手動で挿入した改ページ位置の情報、および、設定した 印刷設定 もエクスポートされます。

注意

Excel にエクスポート される印刷設定については以下の制限があります。

  • 手動で改ページが挿入されている場合、 CELF で算出されたスケール値(拡大縮小率)を Excel シートに適用します。これによりエクスポート後の Excel シートではレイアウトが多少小さく印刷されることがあります。
  • 手動で挿入された改ページ位置を除き、改ページ位置は CELF と Excel で異なる場合があります。

動画で見る

※動画内の画面は最新バージョンの CELF とは異なる場合があります。
※動画に音声はついていません。

関連キーワード

帳票、プリンター、プリント