シートに印刷用紙の向きとサイズを指定する

印刷の設定をする

  1. リボンメニューから「改ページプレビュー」ボタンをクリックし、改ページプレビュー表示に切り替えます。
../../../_images/img_0179.png

改ページプレビューでは、印刷範囲が破線で表示されます。

../../../_images/img_0276.png
  1. シート上で右クリックし、「ページ設定」メニューを選択し、「印刷プレビュー」ダイアログを開きます。
../../../_images/img_0353.png

ちなみに

「印刷プレビュー」ダイアログは、リボンメニューの左上の「シート」ボタンをクリックして、「印刷」メニューからも開くことができます。

  1. 「印刷プレビュー」ダイアログにて、各印刷設定を行います。
../../../_images/img_0447.png

[1] 印刷用紙の方向

印刷用紙の方向を選択します。

[2] 印刷用紙のサイズ

印刷用紙のサイズを選択します。

[3] 印刷の余白

印刷余白の大きさを選択します。

[4] 印刷の拡大縮小

印刷の拡大・縮小を選択します。

[5] ページ番号の印刷

フッター(印刷用紙右下部)にページ番号を印刷するかしないかを選択します。

[6] 古い余白設定の適用

バージョン 2.1.0 以前の CELF と同じ印刷結果を得るためのオプションです。 バージョン 2.1.0 以前に作成されたシートではデフォルトで有効になります。 このオプションを有効にした場合、下側の余白が設定された大きさよりも広く確保されます。

ちなみに

  • 上記設定を選択すると、選択した設定がダイアログの左側の印刷プレビューに反映されます。
  • シートを Excel にエクスポート すると、[1] ~ [4] の印刷設定に加え、印刷範囲、および、手動で挿入した改ページ位置の情報もエクスポートされます。

注意

余白設定にて小さい(狭い)余白を選択した場合、以下の注意点があります。

小さい余白を選択した場合、プリンターの印刷可能領域(領域の大きさはプリンターによって異なります)をはみ出てページの端が印刷できない場合があります。 このような場合、プリンターによっては印刷時にプリンターのプロパティで印刷可能領域の大きさを変更してページ全体を印刷することができます。 (余白、フチなし、プリント領域などプリンタによって設定方法や呼び方が異なります)

また、Excel にエクスポート される印刷設定については以下の制限があります。

  • 手動で改ページが挿入されている場合、 CELF で算出されたスケール値(拡大縮小率)を Excel シートに適用します。これによりエクスポート後の Excel シートではレイアウトが多少小さく印刷されることがあります。
  • 手動で挿入された改ページ位置を除き、改ページ位置は CELF と Excel で異なる場合があります。
  1. 「印刷プレビュー」ダイアログ左上の「← (戻る)」ボタンをクリックし、「印刷プレビュー」ダイアログを閉じます。

ヒント

印刷の拡大縮小設定を行った場合、改ページプレビュー表示の印刷範囲が更新されます。

../../../_images/img_0541.png
  1. シートを保存します。

参考

印刷範囲、および、改ページの設定については シートに印刷範囲と改ページを指定する を参照してください。

動画で見る

※動画内の画面は最新バージョンの CELF とは異なる場合があります。
※動画に音声はついていません。

関連キーワード

帳票、プリンター、プリント