繰り返しアクションの上限回数を設定する

繰り返し上限回数を設定することで、条件の設定ミスなどで繰り返しが終了せずに予期しないリソース消費などを避けることができます。
設定した上限数を超えた場合はエラーとなりアクションセットが終了します。
なお、この設定はシート単位で以下の繰り返しアクションに有効となります。
  • 「繰り返し処理をする」アクション(もし[ ]を満たす間は繰り返す)
  • 「指定回数分繰り返し処理をする」アクション([ ]回繰り返す)

繰り返しアクションの繰り返し上限回数を設定する

  1. リボンメニューから「シート設定」ボタンをクリックし、「シート設定」ダイアログを開きます。
../../../_images/img_0178.png
  1. 「アクション」タブを開き、「繰り返しアクションの実行上限回数」から、以下のいずれかを選択します。
../../../_images/img_0275.png

繰り返し上限種別 説明
上限なし 繰り返し実行の回数に制限はありません。この設定は安全のため推奨されません。
シート行数と同じ数を上限とする 設定してある シート行数 と同じ数を上限とします。シート行数より多い回数繰り返すことが想定されない場合はこの設定が便利です。
繰り返し回数の上限を指定する 設定可能な回数は 1 ~ 65536 の範囲内です。
  1. 「OK」ボタンをクリックします。
  2. シートを保存します。

ちなみに

設定した上限回数を超えた繰り返し実行がされた場合、以下のエラーが出力されます。

  • 「繰り返し回数の上限を指定する」に 100回を設定し、100回を超えた繰り返し実行がされた場合
../../../_images/img_0352.png

エラー情報を出力する アクションを使用してこのエラーをハンドリングすることもできます。

関連キーワード

最大、限界、制限、ループ