シートを印刷する

シートを印刷する

  1. リボンメニューから「シート」ボタンをクリックし、「印刷」メニューを選択します。
../../../_images/img_01259.png
  1. 「印刷プレビュー」ダイアログにて、各印刷設定を行います。
../../../_images/img_02204.png

[1] 印刷用紙の方向

印刷用紙の方向を選択します。

[2] 印刷用紙のサイズ

印刷用紙のサイズを選択します。

[3] 印刷の余白

印刷余白の大きさを選択します。

[4] 印刷の拡大縮小

印刷の拡大・縮小を選択します。

[5] ページ番号の印刷

フッター(印刷用紙右下部)にページ番号を印刷するかしないかを選択します。

[6] 古い余白設定の適用

バージョン 2.1.0 以前の CELF と同じ印刷結果を得るためのオプションです。 バージョン 2.1.0 以前に作成されたシートではデフォルトで有効になります。 このオプションを有効にした場合、下側の余白が設定された大きさよりも広く確保されます。

ちなみに

  • 上記設定を選択すると、選択した設定がダイアログの左側の印刷プレビューに反映されます。
  • シートを Excel にエクスポート すると、[1] ~ [4] の印刷設定に加え、印刷範囲、および、手動で挿入した改ページ位置の情報もエクスポートされます。

注意

余白設定にて小さい(狭い)余白を選択した場合、以下の注意点があります。

小さい余白を選択した場合、プリンターの印刷可能領域(領域の大きさはプリンターによって異なります)をはみ出てページの端が印刷できない場合があります。 このような場合、プリンターによっては印刷時にプリンターのプロパティで印刷可能領域の大きさを変更してページ全体を印刷することができます。 (余白、フチなし、プリント領域などプリンタによって設定方法や呼び方が異なります)

また、Excel にエクスポート される印刷設定については以下の制限があります。

  • 手動で改ページが挿入されている場合、 CELF で算出されたスケール値(拡大縮小率)を Excel シートに適用します。これによりエクスポート後の Excel シートではレイアウトが多少小さく印刷されることがあります。
  • 手動で挿入された改ページ位置を除き、改ページ位置は CELF と Excel で異なる場合があります。
  1. 「印刷プレビュー」ダイアログの「印刷」ボタンをクリックします。
../../../_images/img_03148.png
  1. 印刷ダイアログにて「印刷」ボタンをクリックし、印刷します。

ちなみに

印刷後にシートを保存すると、印刷設定も保存されます。

注意

  • セル数が多いシートを印刷する場合、印刷するページ数に関わらず印刷処理に時間がかかります。また、メモリ不足により印刷できない場合があります。
  • Microsoft Print to PDF などの仮想プリンターを指定してファイルに保存する場合、印刷するページ数が多いと保存処理に時間がかかります。
  • 端末で設定しているディスプレイ拡大率によって、改ページ位置が異なる場合があります。その場合、改ページ設定時のディスプレイ拡大率に合わせてください。

参考

関連キーワード

帳票、プリンター、プリント