小数点および桁区切り記号を変更する

小数点として','(カンマ)、桁区切り記号として'.'(ピリオド)を使用する

  1. リボンメニューから「シート設定」ボタンをクリックし、「シート設定」ダイアログを開きます。
../../../_images/img_0172.png
  1. 「一般」タブを開き、「小数点として','(カンマ)、桁区切り記号として'.'(ピリオド)を使用する」にチェックします。
../../../_images/img_0269.png
  1. 「OK」ボタンをクリックします。
  2. シートを保存します。

ちなみに

この設定を有効にした場合、セルへの入力は以下のようになります。

  • 1234.56 を入力する場合は、設定に従った入力をします。
../../../_images/img_0349.png
  • 関数 "=SUM(A1,A2)" を入力する場合、関数の引数の区切り文字はセミコロン(';')で入力します。
../../../_images/img_0445.png

また、設定を変更すると設定に従った表示に切り替わります。

../../../_images/img_0539.png


重要

この設定には、以下の注意点、および、制限があります。

  • 設定の有効範囲はシート単位です。PCのロケールに応じた変更はできません。
  • 列の幅、行の高さ、または、フォントサイズなどを設定する場合の数値の小数点は変更されません。(常にピリオドです)
  • この設定を有効にすると、関数の引数の区切り文字がカンマからセミコロン(';')に変更されます。
  • アクション上に入力する式は設定に関わらず常に小数点はピリオドで入力する必要があります。
  • アクション上に入力する関数の引数の区切り文字は設定に関わらず常にカンマで入力する必要があります。
  • 数式で文字と連結された場合など、数値とみなされない場合は設定に従った表示になりません。(例: セルA1=1234,56 のとき ="abc"&A1&"xyz" は "abc1234.56xyz" となり、小数点はピリオドで表示されます)
../../../_images/celf_help_mascot32.png