セルの書式を変更する

セルの書式変更は、「セルの書式」ダイアログにて行うことができます。
「セルの書式」ダイアログは、セルを右クリックして「セルの書式設定」メニューを選択することで表示され、次の変更を行うことができます。
  • 表示形式を変更する
  • 配置を変更する
  • フォントを変更する
  • 罫線を変更する
  • 塗りつぶしを変更する

表示形式を変更する

  1. 「表示形式」タブを開き、セルの表示形式を指定します。
../../../_images/img_0165.png

「分類」は次の項目から選択することができます。

分類 説明
標準 セルの値に対して一般の書式を適用して表示します。
数値 数値の表示形式で表示します。
通貨 通貨の表示形式で表示します。
会計 通貨記号と小数点位置を揃えて表示します。
日付 日付形式で表示します。
時刻 時刻形式で表示します。
パーセンテージ セルの値の百分率にパーセント記号を付けて表示します。
文字列 数値などの値を全て文字列として表示します。セルには入力した値がそのまま表示されます。
その他 郵便番号や電話番号などの形式で表示することができます。リストやデータベースの管理に使用します。

配置を変更する

  1. 「配置」タブを開き、セルの配置情報を指定します。
../../../_images/img_0262.png
[1] 横位置
セルに表示される文字列の横位置を指定します。
「標準」「左詰め」「中央揃え」「右詰め」「繰り返し」「両端揃え」「選択範囲内で中央」「均等割り付け」のいずれかを指定します。
[2] 縦位置
セルに表示される文字列の縦位置を指定します。
「上詰め」「中央揃え」「下詰め」「両端揃え」「均等割り付け」のいずれかを指定します。
[3] 前後にスペースを入れる
チェックすると、前後にスペースが入った状態で文字列が表示されます。「横位置」を「均等割り付け」にした場合のみ設定することができます。
[4] インデント
指定すると、セルに表示される文字列が指定した値だけ字下げして表示されます。
[5] 折り返して全体を表示する
チェックすると、セルに表示される文字列が右端で折り返して表示されます。
[6] セルを結合する
複数セルを選択してチェックすると、選択したセルが結合して表示されます。

フォントを変更する

  1. 「フォント」タブを開き、セルのフォント情報を指定します。
../../../_images/img_0344.png
[1] フォント
セルに表示される文字列に対し、適用するフォントを指定します。
[2] スタイル
フォントのスタイルを指定します。「標準」「斜体」「太字」「太文字斜体」のいずれかを指定します。
[3] サイズ
フォントのサイズを指定します。
[4] 下線
セルに表示される文字列に対し、下線を指定します。
[5] 色
フォントの色を指定します。
[6] 標準フォント
チェックすると、フォントが標準の設定にリセットされます。

罫線を変更する

  1. 「罫線」タブを開き、セルの罫線を指定します。
../../../_images/img_0441.png
[1] 線
線のスタイルと色を指定します。
[2] プリセット
プリセットとして用意された罫線のパターンを適用します。
[3] 罫線
セルの内側や外側の枠に対して、個別に罫線を指定します。

塗りつぶしを変更する

  1. 「塗りつぶし」タブを開き、セルの塗りつぶし情報を指定します。
../../../_images/img_0535.png

動画で見る

※動画内の画面は最新バージョンの CELF とは異なる場合があります。
※動画に音声はついていません。

関連キーワード

フォーマット