ユーザーを登録・確認する

ユーザーを作成する

  1. 管理画面の「ユーザー管理」タブを開きます。
  2. 「+新規ユーザー作成」ボタンをクリックします。
../../../_images/img_01194.png

ユーザーの情報を設定する

  1. 「ユーザー登録」ダイアログにて、登録するユーザーの情報を入力します。
../../../_images/img_02152.png

[1] ユーザーID

ユーザーIDを入力します。

[2] ユーザー名

ユーザー名を入力します。

[3] パスワード

パスワードを入力します。確認のため2度入力する必要があります。

ちなみに

パスワードは設定されているポリシー(構成文字のルール)に従う必要があります。初期設定では以下のポリシーとなっています。

  • 最低文字数: 8文字
  • 必須の文字種別: なし
  • 有効期間: 無制限

また、パスワードポリシーは変更することができます。パスワードポリシーの変更については パスワードポリシーを設定する を参照してください。

[4] ユーザーの種類

ユーザーの種類(権限)を選択します。

ユーザー 説明
システム管理者 ユーザー、および、グループのほか、すべての設定を行うことができるユーザーです。
アプリ作成者 アプリの作成、および、編集を行うことができるユーザーです。
データベース管理者 CELF外部データベースへの接続設定を行うことができるユーザーです。

[5] 個人公開のみ許可

アプリ作成者で自分以外にアプリを公開することができないユーザーとする場合にチェックします。

[6] アカウントの一時停止

ユーザーのCELFの利用を一時停止する場合にチェックします。

[7] 2要素認証対象外

2要素認証を対象外のユーザーとする場合にチェックします。

[8] 2要素認証

2要素認証の有効/無効を表示します。ユーザーの2要素認証を無効にする場合、「無効にする」ボタンをクリックします。

参考

新規ユーザー作成時は2要素認証は無効になっています。2要素認証が有効の場合に「無効にする」ボタンをクリックすることができます。 2要素認証の無効化については ユーザーの2要素認証を無効にする を参照してください。

[9] 「登録」ボタン

設定した内容でユーザーを登録します。
  1. 「登録」ボタンをクリックします。

注意

[7] 2要素認証対象外、[8] 2要素認証の2項目について、システム管理者が2要素認証利用設定を「利用可能」、または、「利用強制」に設定している必要があります。「利用しない」を設定している場合、ダイアログに表示されません。

参考

ユーザーを一括登録することもできます。詳しくは、ユーザー、グループの情報を一括登録する を参照してください。

登録したユーザーを絞り込み表示する

  1. 管理画面の「ユーザー管理」タブを開きます。
  2. 「フィルタ設定」ボタンをクリックします。
../../../_images/img_03105.png

注意

検索ボックスの条件で絞り込みしている場合、同時に利用することができないため、検索ボックスによる絞り込みを解除し、「フィルタ設定」ダイアログを開きます。

  1. 「フィルタ設定」ダイアログにて絞り込み条件を設定します。
../../../_images/img_0490.png

注意

「2要素認証対象外」、「2要素認証」は、システム管理者が2要素認証利用設定を「利用可能」、または、「利用強制」に設定している場合にのみ表示されます。

ヒント

「権限」を選択すると、登録時に設定したユーザーの種類によって以下の通り絞り込みます。

権限 ユーザの種類
システム管理者 システム管理者
アプリ作成者 システム管理者、および、アプリ作成者
データベース管理者 システム管理者、および、データベース管理者
アプリ利用者 上記のいずれの権限も持たない
  1. 「実行」ボタンをクリックします。

ちなみに

条件を設定して絞り込みした場合、以下のように表示されます。

../../../_images/img_0578.png

注意

検索ボックスにて絞り込みする際に、すでにフィルタ設定で絞り込みしている場合、同時に利用することができないため、フィルタ設定による絞り込みは解除されます。

動画で見る

※動画内の画面は最新バージョンの CELF とは異なる場合があります。
※動画に音声はついていません。


重要

ユーザーの操作についてはシステム管理者の権限が必要です。

../../../_images/celf_help_mascot28.png

関連キーワード

アカウント、追加、多要素認証、検索