「アクションセット設定」ダイアログの設定を変更する

アクションを一度に移動する

  1. 「アクションセットエディタ設定」ボタンをクリックします。
../../../_images/img_0153.png
  1. 「アクションセットエディタ設定」ダイアログの「アクションを一度に移動する」をチェックし、「OK」ボタンをクリックします。
../../../_images/img_0251.png

ちなみに

  • 初期状態では、「アクションを一度に移動する」はチェックされていません。

  • 「アクションを一度に移動する」をチェックすると、アクションのドラッグ時に以降のアクションもまとめて移動するようになります。

    ../../../_images/img_0337.png
  • アクションのドラッグ時に振ることで、ドラッグ対象のアクション以外を振るい落とすことができます。

アクションを小さく表示する

  1. 「アクションセットエディタ設定」ボタンをクリックします。
  2. 「アクションセットエディタ設定」ダイアログの「アクションを小さく表示する」をチェックし、「OK」ボタンをクリックします。
../../../_images/img_0435.png

ちなみに

  • 初期状態では、「アクションを小さく表示する」はチェックされています。

  • チェックありとチェックなしで、以下のようにアクションの大きさが変化します。

    チェックあり

    ../../../_images/img_0531.png

    チェックなし

    ../../../_images/img_0622.png

入力フィールドの長さを自動調整する

  1. 「アクションセットエディタ設定」ボタンをクリックします。
  2. 「アクションセットエディタ設定」ダイアログの「入力フィールドの長さを自動調整する」をチェックし、「OK」ボタンをクリックします。
../../../_images/img_0722.png

ちなみに

  • 初期状態では、「アクションを小さく表示する」はチェックされています。

  • チェックありとチェックなしで、以下のように入力フィールドの長さが変化します。

    チェックあり

    ../../../_images/img_0818.png

    チェックなし

    ../../../_images/img_0912.png

ステップ番号を表示する

  1. 「アクションセットエディタ設定」ボタンをクリックします。
  2. 「アクションセットエディタ設定」ダイアログの「ステップ番号を表示する」をチェックし、「OK」ボタンをクリックします。
../../../_images/img_1011.png

ちなみに

  • 初期状態では、「ステップ番号を表示する」はチェックされています。

  • チェックありとチェックなしで、以下のように左端のステップ番号表示の有無が変化します。

    チェックあり

    ../../../_images/img_118.png

    チェックなし

    ../../../_images/img_127.png

ヒント

エラー詳細に表示される「位置」にはエラーが発生したアクションのステップ番号が表示されます。 テストの際にはステップ番号を手掛かりにエラーが発生したアクションを特定することができます。

../../../_images/img_134.png