組織マスタアプリのセットアップ

ワークフローを利用するためには、別途「組織マスタアプリ」が必要です。
「組織マスタアプリ」をインポートし、回付時に使用する組織/役職の情報を登録します。

注意

  • 以下の操作には、アプリ作成者(もしくはシステム管理者)権限が必要です。

アプリのインポート・公開

  1. こちらのページ からワークフロー拡張オプションをダウンロードします。
「組織マスタアプリ.capp」はそのファイル内に同梱されています。
  1. 取得したアプリをCELFに インポート します。
  2. インポートしたアプリを 公開 します。開始シートは「組織マスタアプリ_メニュー」シートを指定します。

CSVファイルからの組織、役職情報の登録

組織/役職/ユーザーの所属情報(誰がどの組織・役職に所属しているか)を登録します。

アプリ画面から登録する具体例は、組織と役職の登録 を参照してください。

画面から登録する以外に、CELF本体のCSVファイルインポート機能を利用してCSVファイルから登録することができます。

操作方法については、 テーブルデータ(CSV)をインポートする を参照してください。

以下はデータインポートする際の参考情報です。

データをインポートするテーブル

インポートするテーブルは以下になります。

情報 テーブル名
組織 clf_組織マスタ
役職 clf_役職マスタ
ユーザーの所属情報 clf_ユーザー情報マスタ

各テーブルの項目

各テーブルの項目は以下の通りです。

  • clf_組織マスタ
項目名 概要
ID 組織のID。
組織コード 組織のコード。省略可能。
組織名 組織の名称
上位組織ID この組織の上位となる組織のID。
  • clf_役職マスタ
項目名 概要
ID 役職のID。
役職コード 役職のコード。省略可能。
役職名 役職の名称
上位役職ID この役職の上位となる役職のID。
  • clf_ユーザー情報マスタ
項目名 概要
ID ユーザー情報のID。
ユーザーID CELFに登録されているユーザーのユーザーID。(sys_user テーブルの user_id)
組織ID 上記ユーザーが所属する組織のID。
役職ID 上記ユーザーの役職のID。

インポートするデータについて

ダウンロードした「組織マスタアプリ」フォルダには、各テーブルのサンプルデータ(csvファイル)が同梱されています。

登録するcsvファイルを作成する際に参照してください。

また、作成するデータについては以下の点にご注意ください。

  • 以下のデータは、各テーブル内で重複がないようにしてください。 * 組織マスタのID、組織コード * 役職マスタのID、役職コード * ユーザー情報マスタのID
  • 以下のデータは各テーブルのID列の値を指定します。 * 組織マスタの上位組織ID(組織マスタのIDを指定) * 役職マスタの上位役職ID(役職マスタのIDを指定) * ユーザー情報マスタの組織ID、役職ID(組織マスタと役職マスタのIDを指定)

注意

ID列の値は、データインポート時に「指定したIDで登録する」にチェックを入れるとCSVファイルに記載のID値で登録されます。

(チェックしない場合は、自動連番になります)

チェックを入れることで、あらかじめCSVファイル上で組織/役職のID紐付けをしておくことができます。