外部データベースへ接続する(ODBC)

ODBC(Open Database Connectivity) は、関係データベース管理システム(RDBMS) にアクセスするための共通インタフェース(API)です。
CELF ではデータベースの接続先情報を登録することで、標準で内部に用意されているデータベース以外に外部にある任意のデータベースに接続してデータを参照/更新することができます。
ODBC を利用して外部のデータベースに接続するには、PC にあらかじめ接続情報をデータソースとして登録しておく必要があります。

外部データベース接続先情報を登録する

  1. 管理画面の「データベース接続先管理」タブを開きます。
  2. 「+新規データベース接続先情報作成」ボタンをクリックします。
../../../_images/img_0139.png

データベース接続先情報を設定する

  1. 「データベース接続先情報登録」ダイアログにて、登録するデータベースの接続先情報を入力します。
../../../_images/img_0239.png

[1] 接続ID

外部データベースの接続先の設定に対して付ける任意の名称です。

注釈

  • 「データベース接続先管理」画面の一覧で重複しない名称にします。
  • 半角英数字のみが使用できます。

[2] データソース名

「ODBC接続」のデータソース名を指定します。

ちなみに

「テーブル管理」画面で接続先データベースを選択する際に表示される名称です。

[3] データベース種類

「ODBC接続」を選択します。

ちなみに

クラウド版 CELF では、「ODBC接続」のみ選択可能です。

[4] ユーザー名

データベースに接続する際に使用するユーザー名を指定します。

[5] パスワード

データベースに接続する際に使用するパスワードを指定します。

[6] 「登録」ボタン

設定した内容でデータベース接続先情報を登録します。
  1. 「登録」ボタンをクリックします。

参考

データベース接続先情報を登録した外部データベースのテーブルからデータを取得することができます。詳しくは、外部のテーブルからデータを取得する を参照してください。

動画で見る

※動画内の画面は最新バージョンの CELF とは異なる場合があります。
※動画に音声はついていません。


重要

  • データベース接続先情報の操作についてはデータベース管理者の権限が必要です。
  • ODBC 接続で外部データベースを操作するには、ご利用の PC において以下を行う必要があります。
  • ODBC ドライバのインストール
  • 上記と同じデータソースの設定
../../../_images/celf_help_mascot13.png

関連キーワード

ドライバー