マスターテーブルを作成する

Excelファイルから作成 機能でアプリを作成する時にマスターテーブルを作る手順です。
マスターテーブルを作成すると、コードを入力するとコードに紐づく名称を自動入力することができます。
例)販売先コードを入力すると、販売先名、販売先住所が自動入力される
入力ミスを防ぎ、二重入力の手間を省くことができます。

注意

  • Excelファイルから作成 機能でのみ、自動作成することができます。
  • 一覧形式、単票形式でのみ作成可能で、クロス表形式では作成できません。

マスターテーブルを作成する

  1. Excelファイルから作成 を参考にアプリを作成します。
テーブル定義画面まで進めてください。
../../../_images/img_0152.png
  1. 画面左下にある赤いボタン「テーブルのカスタマイズ」をクリックします。
../../../_images/img_0251.png
  1. テーブルのカスタマイズ画面中央にあるボタン「手動分割」をクリックします。
../../../_images/img_0340.png
  1. 分割する先のテーブルを選択します。新しく分割する場合は「(新しいテーブル)」を選択します。
既に分割済みのテーブルを修正する場合は、該当するテーブルを選択してください。選択後、「OK」をクリックします。
../../../_images/img_0438.png
  1. 分割元テーブルの項目の中から分割先テーブルに移動したい項目を選択肢「→」をクリックします。
元に戻したい場合は、分割先テーブルの項目を選んで「←」をクリックします。
../../../_images/img_0535.png
  1. すべての項目を移動し終えたら「ユニーク制約」を設定します。
この設定で、ユニーク制約項目とその他の項目を紐づけることができます。設定すると項目名の頭に「●」が付きます。設定後、「分割」をクリックします。
../../../_images/img_0628.png

ちなみに

ここでは「社員番号」をユニーク制約項目にしているので、「社員番号」を選ぶと自動で「氏名」「カナ」「役職名」が取得されます。

注意

設定する項目に空白のデータが含まれている場合、「ユニーク制約の設定」に設定することはできません。
分割するためには、空白のデータがない項目を選択してください。
  1. 分割するテーブル名を入力します。
../../../_images/img_0823.png

ちなみに

テーブルとアプリの先頭に共通の文字列を付けている場合は、ここで作成するテーブル名の頭にも付けると、どのアプリで使われているテーブルかがすぐに分かります。ここでは「dfn_」をつけています。
様々なアプリで共通で使用するテーブルの場合は、特につける必要はありません。
  1. 分割したテーブルを元に戻したい場合は戻したいテーブルを選択して「統合」をクリックします。
../../../_images/img_0727.png
  1. カスタマイズが完了したら「閉じる」をクリックします。
  2. Excelファイルから作成 を参考にアプリ作成完了まで残りの手順を進めます。
  3. アプリではユニーク制約にした項目がリストボックスになります。ユニーク制約以外の項目は入力できなくなります。
../../../_images/img_1015.png
  1. リストボックスからデータを選択すると、その他の項目が自動設定されます。
../../../_images/img_1113.png
  1. データを修正したい時はメニューからメンテナンス画面を開きます。メンテナンス画面は分割をすると自動作成されます。
../../../_images/img_1210.png
  1. メンテナンス画面からデータを修正することができます。
../../../_images/img_137.png