必須入力チェック・文字数オーバーチェックを設定する

Excelファイルから作成 機能でアプリを作成する時に入力チェックを設定することができます。
入力チェックを入れることで入力者がその場でエラーを確認することができるようになります。

必須入力チェック・文字数オーバーチェックを設定する

  1. Excelファイルから作成 を参考にアプリを作成します。
入力項目の指定画面まで進めてください。
../../../_images/img_0150.png
  1. 必須チェックボックスにチェックを入れると、アプリにした時に空白で登録するとエラーになります。
../../../_images/img_0250.png
  1. 文字数テキストボックスに数字を入力すると、アプリにした時にその数字より多い文字列を登録するとエラーになります。
ここでは「6」なので、「1234567」と社員番号に入力するとエラーになります。
../../../_images/img_0339.png
  1. 設定が完了したらこの後は、Excelファイルから作成 を参考に作成を進めてください。
  2. 必須入力項目を空白にして登録すると、エラーメッセージが表示されて登録することができません。
../../../_images/img_0437.png
  1. 指定した文字数以上の文字列を登録すると、エラーメッセージが表示されて登録することができません。
../../../_images/img_0534.png