アプリをバックアップ、および、復元する

CELF ではアプリをバックアップしておくことで、後にそのバックアップから復元することができます。
ここではその手順を説明します。

アプリをバックアップする

  1. 管理画面の「アプリ管理」タブを開きます。
  2. アプリを右クリックし、「バックアップを取得する」メニューを選択します。
../../../_images/img_0140.png
  1. 「バックアップを取得」ダイアログにて、必要に応じてコメントを入力し、「バックアップ」ボタンをクリックします。
../../../_images/img_0240.png

ちなみに

アプリは最新の状態がバックアップされます。そのため、アプリを公開してその後変更している場合は、公開時のアプリではなく変更後のアプリがバックアップされます。

注意

バックアップでは、アップロードしたファイルやテーブル定義、および、データは保存されません。必要な場合は各情報をエクスポートなどで保存して下さい。
テーブル定義のエクスポートについては テーブル定義をエクスポートする を参照してください。
データのエクスポートについては テーブルデータ(CSV)をエクスポートする を参照してください。

アップロードファイルについては特別な考慮が必要です。
アプリの復元後にファイルをアップロードし直しても、ファイルIDが新たに設定されるため、アプリ内で使用しているファイルIDの変更が必要となります。
ファイルが多数ある場合など、変更が難しい場合はアプリのエクスポートをバックアップの代替としてください。
(アップロードファイルを含めたエクスポートが可能です)
アプリのエクスポートについては アプリをエクスポートする を参照してください。
アプリのインポートについては アプリをインポートする を参照してください。

アプリをバックアップから復元する

  1. 管理画面の「アプリ管理」タブを開きます。
  2. アプリを右クリックし、「バックアップから復元する」メニューを選択します。
../../../_images/img_0332.png

「バックアップから復元」ダイアログが表示され、一覧にはバックアップした情報が表示されます。

../../../_images/img_0432.png

ちなみに

「CELFバージョン」には、バックアップ時における CELF のバージョンが表示されます。

  1. 一覧からバックアップ情報を選択し、「復元」ボタンをクリックします。
../../../_images/img_0529.png

ヒント

  • 一覧のごみ箱アイコンをクリックすると、バックアップ情報を削除することができます。

  • 一覧のシート列のアイコンをクリックすると「シート一覧」ダイアログが開き、バックアップに含まれるシートの名前と更新日時を確認することができます。
    なお、このダイアログからシートを開いて中身を確認することはできません。
    ../../../_images/img_0623.png
  1. 表示されたダイアログにて、「アプリ名」と「保存先」を指定し、「復元」ボタンをクリックします。
../../../_images/img_0723.png

注意

アップロードしたファイルやテーブル定義、および、データは復元されません。必要な場合は、バックアップ時にエクスポートなどで保存しておき、アプリ復元後にインポートしてください。


重要

アプリのバックアップ、および、復元を行うには以下の権限が必要です。

  • アプリ作成者

また、アプリに対する以下の権限が必要です。

  • 管理
../../../_images/celf_help_mascot9.png