アクションでシートを印刷する

アクションを使用して、アプリ内の任意のシートを印刷することができます。
例として、アクションでボタンを動的に追加する で作成したアプリの「詳細」ボタンを「印刷」ボタンにしてみます。
../../../../_images/img_0133.png

ここでは、印刷用の雛形のシートを用意し、取得したデータが入力されたシートを印刷します。

印刷用シートを作成する

  1. 印刷アクションによって印刷される雛形のシートを作成します。
../../../../_images/img_0233.png

データ件数に応じて「印刷」ボタンを設定する

データの取得、および、ボタンの動的作成については、 アクションでボタンを動的に追加する > データ件数に応じて「詳細」ボタンを設定する を参照してください。

「印刷」ボタンのアクションを設定する

データ件数に応じて「印刷」ボタンを設定する にて作成した「印刷」ボタンのアクションを作成します。
ここでは、データのIDを検索条件としてデータを1件取得して、その内容を作成した印刷用シートに設定して印刷させます。
  1. ボタンがクリックされた行の B列(ID) の値を検索条件として1件データを取得し、データをセルにセットします。
../../../../_images/img_0326.png

参考

ボタンがクリックされた行の取得方法については 処理中に現在行または列を取得する を参照してください。

  1. 取得した値を参照して、印刷用シートに設定します。
../../../../_images/img_0426.png

参考

「シートのセルに値をセットする」アクションについては シートから別シートにデータを渡す を参照してください。

  1. 「シート操作」タブから「シートを印刷する」アクションを設定します。
../../../../_images/img_0523.png
  1. 「シートを選択」ボタンをクリックします。
../../../../_images/img_0616.png

ヒント

印刷するシートを式(セル参照)で指定することで、動的に印刷するシートを選択することもできます。

../../../../_images/img_108.png

この場合、指定されたシートがアプリ内に無い場合は、自身のシートが印刷されることに注意してください。

  1. 「シート選択」ダイアログにて、印刷するシートを選択し、「OK」ボタンをクリックします。
../../../../_images/img_0716.png

ちなみに

選択できるシートは、現在のアプリ、および、サブアプリ内のシートになります。

  1. 「印刷プレビュー」ダイアログを表示せずに、即時印刷をする場合は、「印刷プレビューを表示する」チェックボタンのチェックを外します。
../../../../_images/img_0814.png

ちなみに

  • 「印刷プレビューを表示する」チェックボタンの初期値は有効となっており、印刷実行時に「印刷プレビュー」ダイアログが表示され、 印刷設定 をすることができます。。
  • 「印刷プレビューを表示する」チェックボタンのチェックを外した場合の印刷設定については、印刷するシートにてあらかじめ 印刷設定 をしておきます。このとき、出力先のプリンターは最後に印刷したプリンターです。
  1. 「保存」ボタンをクリックします。

ちなみに

実行時、「印刷」ボタンを押すと、取得したデータを設定した印刷シートがプレビューされ、印刷することができます。

../../../../_images/img_099.png

動画で見る

※動画内の画面は最新バージョンの CELF とは異なる場合があります。
※動画に音声はついていません。

関連キーワード

帳票、プリンター、プリント