テーブルのデータをCSVファイルに保存する

テーブルのデータをCSVファイルに保存する

  1. 「アクションセット設定」ダイアログを開きます。
  2. 「データ操作」タブから「テーブルのデータをCSVファイルとして保存する」アクションをドラッグし、エディットエリアに設定します。
../../../../_images/img_0124.png
  1. 「テーブルを選択」ボタンをクリックします。
../../../../_images/img_0224.png
  1. 「テーブル選択」ダイアログを開き、データを出力するテーブルを選択して「OK」ボタンをクリックします。
../../../../_images/img_0318.png
  1. 「ファイル保存」ボタンをクリックします。
../../../../_images/img_0418.png
  1. 「名前を付けて保存」ダイアログにて、保存先フォルダとCSVファイル名を指定します。
../../../../_images/img_0517.png

ちなみに

CSVファイルのパスをセルにセットしておき、「CSVファイルパス」にそのセルを設定することもできます。

../../../../_images/img_0612.png
  1. 保存するCSVファイルの文字コードを「ファイルの文字コード」にて選択します。
../../../../_images/img_0712.png

ちなみに

「ファイルの文字コード」では以下のいずれかから選択することができます。

  • Shift-JIS
  • UTF-8
  • EUC-JP

ちなみに

アクション実行時にユーザーに保存ファイルを指定させる場合は、「ファイル操作」タブの「ファイルダイアログを開く」アクションにてファイルパスをセルにセットするよう設定し、
さらに「テーブルのデータをCSVファイルとして保存する」アクションの「CSVファイルパス」で、そのセルからファイルパスを取得するよう設定します。
../../../../_images/img_0810.png

関連キーワード

出力、形式、カンマ、区切り、文字コード