CSVファイルのデータをテーブルに登録する

CSVファイルのデータをテーブルに登録する

  1. 「アクションセット設定」ダイアログを開きます。
  2. 「データ操作」タブから「CSVファイルのデータをテーブルに登録する」アクションをドラッグし、エディットエリアに設定します。
../../../../_images/img_0124.png
  1. 「テーブルを選択」ボタンをクリックします。
../../../../_images/img_0224.png
  1. 「テーブル選択」ダイアログにて、データを登録するテーブルを選択して「OK」ボタンをクリックします。
../../../../_images/img_0318.png
  1. 「ファイル選択」ボタンをクリックします。
../../../../_images/img_0418.png
  1. ファイル選択ダイアログにて、CSVファイルを選択します。
../../../../_images/img_0517.png

ちなみに

CSVファイルのパスをセルにセットしておき、「CSVファイルパス」にそのセルを設定することもできます。

../../../../_images/img_0614.png

注意

一度に読み込めるファイルの容量は200MBまでです。

  1. CSVファイルの文字コードに合わせて、「ファイルの文字コード」を選択します。
../../../../_images/img_0713.png

ちなみに

「ファイルの文字コード」では、以下のいずれかから選択することができます。

  • Shift-JIS
  • UTF-8
  • EUC-JP
  1. 登録日時を取得する場合、「登録日時を次のセルにセットする」を選択し、セットするセルを指定します。
../../../../_images/img_0810.png

注釈

「CELFデフォルトデータベース」のテーブルへ登録する場合のみ、登録日時を取得することができます。

  1. 登録件数を取得する場合、「登録件数を次にセルにセットする」を選択し、セットするセルを指定します。
../../../../_images/img_099.png

ヒント

アクション実行時にユーザーに読込ファイルを指定させる場合は、「ファイル操作」タブの「ファイルダイアログを開く」アクションにてファイルパスをセルにセットするよう設定し、
さらに「CSVファイルのデータをテーブルに登録する」アクションの「CSVファイルパス」で、そのセルからファイルパスを取得するよう設定します。
../../../../_images/img_108.png

ちなみに

  • 登録データのカラム「LAST_MODIFIED」には全て同じ日時がセットされます。
  • 「CELFデフォルトデータベース」のテーブルへ登録する場合、テーブルカラムの「ID」「LAST_UPDATER」「LAST_MODIFIED」はCSVファイルから省略することができます。

関連キーワード

読込、形式、カンマ、区切り、文字コード