クロス集計をする(応用編)

ここでは応用編として、様々なデータの集計方法について説明します。

  • 集計データの合計を求める
  • 数式を使って集計する

集計データの合計を求める

総合計を表示する

  1. 「アクションセット設定」ダイアログを開きます。
  2. 「シートのデータをクロス集計する」アクションにて、縦軸や横軸の枠内にある「総合計表示」をチェックします。
../../../../_images/img_0115.png

縦軸の「総合計表示」をチェックすると総合計行が表示され、横軸の「総合計表示」をチェックすると総合計列が表示されるようになります。

  1. アクションセットを保存します。

ちなみに

総合計行、および、総合計列は次のように表示されます。

../../../../_images/img_0215.png

小計を表示する

  1. 「アクションセット設定」ダイアログを開きます。
  2. 「シートのデータをクロス集計する」アクションにて、「縦軸の項目設定」ボタン、または、「横軸の項目設定」ボタンをクリックします。
../../../../_images/img_0311.png
  1. 「クロス集計項目設定」ダイアログにて、小計を表示したい項目の「合計表示」をチェックし、「OK」ボタンをクリックします。
../../../../_images/img_0411.png

縦軸の「合計表示」をチェックすると小計行が表示され、横軸の「合計表示」をチェックすると小計列が表示されるようになります。

ちなみに

上記では、横軸として「年月」の列(C列)と、「店舗」の列(A列)を指定し、「年月」の小計列が表示されるよう設定しています。

../../../../_images/img_112.png
  1. アクションセットを保存します。

ちなみに

小計行、および、小計列は次のように表示されます。

  • 「年月」と「商品名」を縦軸、「店舗」を横軸とし、「年月」の小計行を表示した場合
../../../../_images/img_0510.png
  • 「商品名」を縦軸、「年月」と「店舗名」を横軸とし、「年月」の小計列を表示した場合
../../../../_images/img_066.png

数式を使って集計する

  1. 「アクションセット設定」ダイアログを開きます。
  2. 「シートのデータをクロス集計する」アクションにて、「データの項目設定」ボタンをクリックします。
../../../../_images/img_076.png
  1. 「クロス集計データ設定」ダイアログを開き、数式を使って出力したい項目にて「数式」を選択します。
../../../../_images/img_083.png
  1. 数式を使って、集計結果データを指定します。
../../../../_images/img_093.png

注釈

  • 数式では、「ヘッダ名」、四則演算子、関数のみ用いることができます。
  • 数式は、先頭に「=」をつけないで指定する必要があります。

ちなみに

上記では、集計対象データとして「売上」の列(D列)と「利益」の列(E列)を指定し、利益率として 利益/売上 の値を表示するよう設定しています。

../../../../_images/img_121.png
  1. アクションセットを保存します。

ちなみに

数式や関数を使った結果は、次のように表示されます。

../../../../_images/img_102.png

動画で見る

※動画内の画面は最新バージョンの CELF とは異なる場合があります。
※動画に音声はついていません。

関連キーワード

ピボットテーブル