トランザクションを制御する

トランザクションとは、データベースにおいて「関連する一連の作業」のことを言います。
データベースのデータに対して複数の登録・更新・削除処理を行う場合、データの整合性を保つため、それらの処理を「関連する一連の作業」(以降、トランザクション)として考慮する必要があります。

CELF でデータを登録・更新・削除を行うアクションを設定すると、実行されるアクションの数だけトランザクションが発生します。
このような場合、その数が多ければ多いほどパフォーマンスに影響が出てしまい、さらにデータの整合性が保証できなくなります。
CELF では、これらデータ更新系アクションをまとめて1つのトランザクションで実行することができます。ここではその方法を説明します。

トランザクションを制御する

  1. 「アクションセット設定」ダイアログを開きます。
  2. 「制御」タブから「データ更新を一括実行する」アクションをドラッグし、エディットエリアに設定します。
../../../../_images/img_0113.png
  1. まとめて実行したいデータ更新系アクションを、「データ更新を一括実行する」アクションのブロック内に設定します。
../../../../_images/img_0213.png

注意

  • 例えば、「データ更新を一括実行する」アクションブロック内で更新アクションの後にデータ取得アクションを配置した場合、データ取得アクションで取得する値は更新アクション前の値となります。
  • 更新アクション後の値を取得する場合は、「データ更新を一括実行する」アクションの後にデータ取得アクションを配置してください。
  1. アクションセットを保存します。

動画で見る

※動画内の画面は最新バージョンの CELF とは異なる場合があります。
※動画に音声はついていません。

関連キーワード

単位、要求、コミット、ロールバック