セルの値の更新時にアクションセットを実行する(基本編)

セルの値変更時にアクションセットを実行することにより、入力された値の即時チェックなど、柔軟なアプリが作成できます。

セルの値が変更された際に動作するアクションを指定する

  1. リボンメニューから、アクションの「アクションセット設定」ボタンをクリックし、「アクションの定義」ダイアログを開きます。
../../../_images/img_013.png
  1. アクションセットの設定済みセルの「歯車」ボタンをクリックし、「セルを選択」メニューを選択します。
../../../_images/img_023.png
  1. セルの値が変更された際に動作するアクションセットの対象となるセルを選択します。
../../../_images/img_032.png

セルの値が変更された際に動作するアクションセットの対象となるセルを右クリックし、「アクション」メニューの「セル変更時にアクションセットを実行する」メニューからも設定できます。

../../../_images/img_042.png

ちなみに

CELF では、アクションセットを実行するタイミングとして以下の3つの中から選択して関連付けることができます。

  • ボタンクリック時
  • シート表示時
  • セルの値変更時

シート表示時のアクションセットの選択については、 シートを表示した際に動作するアクションを指定する を参照してください。

参考

セルの値が変更された際に動作するアクションセットの応用した使い方を セルの値の更新時にアクションセットを実行する(応用編) にて紹介しています。

動画で見る

※動画内の画面は最新バージョンの CELF とは異なる場合があります。
※動画に音声はついていません。